読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新交響吹奏楽団のブログ

東京で活動するアマチュア吹奏楽団、新交響吹奏楽団です。「オーケストラよりもシンフォニックな響き」をモットーに、管弦楽曲の独自アレンジや吹奏楽オリジナル曲に取り組んでいます。

練習日誌9/2

練習日誌

9月最初の練習は、パリのアメリカ人後半から練習を始め、休憩をはさんでラフマニノフの2楽章と4楽章といったメニューでした。

 

曲の途中からの練習は、瞬時に気持ちをその箇所に持っていく集中力が重要です。なかなかノリ切れないメンバーも多かったのでは😅

本番ではもちろん始めから演奏するのですが、練習は通すだけではいけませんね。

 

後半はラフマニノフ交響曲第2番から、2楽章と4楽章。こちらも通さずに部分部分を取り出しての練習です。

 通常、曲を練習する前に毎回軽めの基礎合奏を行っているのですが、その時から後半の仕込みは始まっていました。

 

 

(常任指揮者、何か書いています。隠れているわけではありません)

 f:id:shinkyo-wind:20160903230102j:image

 

 (まだ書いています)

f:id:shinkyo-wind:20160903230110j:image 

 

(完成!) 

  

同じ(あるいは類似の)部分が繰り返し登場して曲全体を構成しているので、部分ごとに取り出した練習をしました。

各々の部分は登場するたびに少しずつ変化があったり、全く同じだったり、はたまた調がかわっていたりします。

「クラシック曲は長いな」と感じる方もいるかと思いますが、そんなところを意識して聴いてみると面白いかもしれません😉

 

さて、明日の日曜日は午後と夜間の2枠で臨時練習です!