読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新交響吹奏楽団のブログ

東京で活動するアマチュア吹奏楽団、新交響吹奏楽団です。「オーケストラよりもシンフォニックな響き」をモットーに、管弦楽曲の独自アレンジや吹奏楽オリジナル曲に取り組んでいます。

秋合宿練習日誌①9/17

昨日まで3連休だったよ、という方も多かったのではないでしょうか。みなさんはどう過ごされましたか?

当団は合宿でした!

 

 新交響吹奏楽団では2泊3日の合宿を通常年2回行っています。

ここ数年は5月のゴールデンウィーク中と8月のお盆前ですが、今年は8月の代わりに9月のこの時期となりました。

ちょうど演奏会も迫っているので「強化合宿」という位置づけになりますね👍

 今回お世話になるのは、河口湖の音楽民宿「やすらぎ荘」さん。

f:id:shinkyo-wind:20160920181037j:image

三々五々集まり、荷物を置いたら早速練習です!

 

 練習場所は天井の高いホール。初めての場所です。どんな響きがするかな?

f:id:shinkyo-wind:20160920181204j:image

 チューニングと簡単な基礎で10分少々。

その後は前日の金曜に初めて合わせたアンコール曲、そしてラフマニノフ交響曲第2番の1楽章、4楽章、パリのアメリカ人を夕食までしっかり練習しました。

 

もちろんちゃんと間に休憩をはさんでいますので、ご安心を。

空調を入れると動作音で指揮者の話が聞きづらかったり、弱奏の際にどうしても気になるので、「じゃあ休憩して、空調を入れようか」となります。

まめに休憩する言い訳…いえ、良い理由になったかもしれませんね😉

 

一旦宿に戻って夕食🍴

練習後に飲みに行ったり、臨時練習の中の長い休憩で食事を共にすることはありますが、大勢が一同に介して同じ食事をするというのは合宿ならでは。

意外な食材が苦手な団員がいたり、お箸の持ち方講座があったり、はたまたベジタブルファースト実践中の団員がいたり、普段の練習では知らない一面を見ることができる楽しい機会です。

f:id:shinkyo-wind:20160920181647j:image

 (自家製コーンスープ、お気に入りになった団員も多かったようです😋 温かいもの嬉しいですよね)

 

その後は再び練習。残った2楽章と3楽章に取り組み、1日目で一通り全曲の練習を終えました。

 

合宿のスケジュール表にある残りの予定は宴会のみ🍺

みんなさっさと戻り、お風呂を済ませて宴会へ向かうかと思いきや、練習場にはまだ多くの団員がいる気配。

f:id:shinkyo-wind:20160920181708j:image

 やすらぎ荘さんのホールにはパート練習ができる小部屋がいくつかあるんです。

早速部屋を確保したパートはそこで、部屋を確保できなかったパートも練習場の片隅でパート練習

この機会に!と準備していたアンサンブル曲を合わせたりもしていたようです。

これもまた、合宿ならではの楽しみですね。

 f:id:shinkyo-wind:20160920181722j:image

 

 一方、宴会準備をしてくれていた団員は「みんな遅いね…」とお酒とおつまみを目の前にして待っていたとか😑

合宿はまだ初日。次の記事へ続きます!