読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新交響吹奏楽団のブログ

東京で活動するアマチュア吹奏楽団、新交響吹奏楽団です。「オーケストラよりもシンフォニックな響き」をモットーに、管弦楽曲の独自アレンジや吹奏楽オリジナル曲に取り組んでいます。

創立55周年記念演奏会!その①〜集合、ステリハ編〜

創立55周年記念演奏会

10月14日(金)、55周年記念演奏会が終演しました。

ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!

今回のブログでは、当日の模様を振り返っていきます😄

 

新宿文化センターのロビーへ集合。団員はまず会場の設営作業に入ります。

 

お客様をお迎えする受付周辺。

f:id:shinkyo-wind:20161018213216j:image

そして、もちろん自分たちが演奏するステージの設営。

f:id:shinkyo-wind:20161018213020j:image 

 

 

ここ新宿文化センター大ホールで演奏会を開催するのは、実は今回が十数年ぶり。

当時を知る団員からは「懐かしいなぁ」「こんな感じだったっけ?」なんて会話がきかれました。

初めてここに来る団員は楽屋へなかなかたどり着けなかったなんてことも…😱

館内での迷子には気をつけてくださいね❗️

 

当団の演奏会は平日開催のため、午前中に仕事をしてから会場へ駆けつける団員も🏃

設営を済ませたメンバーと合流して、今度は全員演奏の準備をして集合。

いよいよステリハ(ステージリハーサル)開始です!

 

ステリハはあくまでも本番直前の確認の時間なので、奏者も時々客席へ降りて響きを確認します。

トレーナーの山元先生も、1階客席、2階客席とあちこち移動して聴こえ方の違いをアドバイスしてくださいました🏃

f:id:shinkyo-wind:20161018213247j:image

 演奏していてもかなり聴こえ方が違ってきます。毎回の演奏会前のことながらやはり戸惑いはあるもの😑

 

そしてさらに、ホールにお客様がいない状態と、お客様がいる状態ではまた響きが変わってくるのです😳

「今よりはおそらくこうであろう」と想定して修正をしてゆきます。

 

間に休憩をはさんで、3時間近くに渡るステリハ終了。

この日受付などのスタッフとしてお手伝いいただく方々、そして、改めてエキストラさんの紹介がありました。

その後は開場時間まで思い思いに…となったところで、

「写真、撮りませんか?」

団員の1人が言いました。

 

「ん、写真?」

本番のステージ写真は依頼してあるし、団員も休憩時間にスマホ📱などで思い思いに撮影していました。

どうやらステリハ後の集合写真を撮りたかったようです。そういえば全体での写真は今まであまり撮りませんでしたね!

 

スタッフの方にお願いして撮っていただいた写真は、本番前の緊迫感を感じさせない、穏やかでリラックスした感じの写真になりました📷

照れ屋さんが多いのか、こういった写真であまりハジけることのないのが新交響吹奏楽団らしいところかも😊

ちょっとボカしてはありますが、TwitterFacebookページのヘッダー画像にこの時の写真を使用していますので、雰囲気を感じていただけると嬉しいです😉

 

さて、写真を撮ったところでいったん解散。

食事をとったり🍱、個人で最後の確認をしたり🎷、しばしの自由時間です。

 

その②へ続きます🎵