読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新交響吹奏楽団のブログ

東京で活動するアマチュア吹奏楽団、新交響吹奏楽団です。「オーケストラよりもシンフォニックな響き」をモットーに、管弦楽曲の独自アレンジや吹奏楽オリジナル曲に取り組んでいます。

練習日誌11/18

11月18日の練習日誌です。

この日は常任指揮者が仕事で遅刻のため、久しぶりに副指揮者が指揮者台に立ちました。

まずは、W.F.マクベス「マスク」。

常任指揮者とはまた少し違ったゆるい雰囲気が好評(?)という噂の副指揮者ですが、押さえるところはきっちり押さえて的確な指示を出して行きます。

 

「…後ねぇ…全体的に、若さがない。」

「!!」

おじさま団員たちの「だっておじさんだもーん😑」という声が聞こえそうですが、もちろんこれは実年齢の話ではありませんでした😉

 いつもとは違った視点の指示が出る合奏も、よい刺激になるものですね❗️

 

その後、到着した常任指揮者にバトンタッチ。

古いアメリカ舞曲による組曲サンタフェ・サガ、交響曲第1番(吹奏楽のための交響曲)を練習しました。

  

 

 f:id:shinkyo-wind:20161124223400j:image

 ちなみに左端でピースサイン✌️を出しているのは、前述の副指揮者…ではなく、常任指揮者。こんなお茶目な一面も❓

この日の練習では、とある曲での本番の配置に関するアイデアをチラっと明かしました。

そのこだわりは、編曲から手がけている管弦楽曲での配置だけにはとどまらないようです。

「こりゃ大変だ😱」と青ざめる団員、「また始まった😁」とにやにやする団員…実際はどうなるのでしょうか。楽しみですね❗️

 

 

この後、現場から続報が届いていました。

こちらの型は、なんとお酒の瓶の蓋でできているそう😳

f:id:shinkyo-wind:20161124222844j:image

 入団を検討されている方、もし見学に来られたら、

「あのお店に行ってみたい!」と言うと、団員が喜んで連れて行ってくれる…かもしれませんよ😉